リハビリテーション科 はいじま医院 寝屋川市 星田 内科 外科 交通外傷 労災

top

リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科では身体に痛みや障害がある方に、できるだけ早く日常生活や社会復帰ができるように、またケガなどで競技ができなくなっている人にスポーツ復帰できるよう、運動療法や物理療法などを取り入れた診療を行います。
物理療法とは、理学療法とも呼ばれ、マッサージや温熱療法、電気療法、牽引療法など薬物を利用せずに物理的な手段で痛みを和らげ、関節の可動範囲を広げて、生活動作を容易にする治療の事です。

温熱療法(電気式ホットパック)

ホットパックで患部を表面から温める事により血行を促進させます。

電気療法(干渉波・低周波治療器)

干渉波や低周波で深部に刺激を与える事で筋肉や神経の緊張をほぐし、しびれの軽減、麻痺筋の促通を目的とする治療です。

牽引療法(腰椎牽引治療器・頸椎牽引治療器)

痛みのある部分をゆっくり引っ張っていき、椎間板を伸ばしたり、椎間の隙間を拡げる事で、神経への圧迫をやわらげていく治療です。

運動療法

マッサージや関節の可動域訓練などを行います。

当院では専門の理学療法士が対応する、運動器リハビリテーションを行っております。

痛みやしびれの緩和や症状軽減、予防のための体操指導、生活指導も行います。

お気軽にお尋ねください。

交通外傷

当院では、交通事故にともなう体の不調や様々な痛みなどの治療を行います。
事故後は、あまり症状が感じられなくても、まず診察を受けられる事をお勧め致します。
特に「むち打ち症」は数日経過して、徐々に痛み出す可能性があります。
軽度な症状であれば、ある程度の治療期間で治りますが、慢性化する恐れもありますので、お早目にご相談ください。

お気軽にご相談ください。 TEL:072-803-8140

診療内容
ページのトップへ